« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日 (月)

北東北ブロック:政令市7中核市2

※以下、便宜上、旧都道府県名を入れてあります。

北東北ブロック:政令市7中核市2

青森県

 ①青森下北市44.7万人=青森29.8東津軽郡3.1(三厩0.3今別0.4平舘0.2蟹田0.4蓬田0.4平内1.4

  むつ4.9下北郡3.7(脇野沢0.2川内0.6佐井0.3大間0.6風間浦0.3大畑0.9東通0.8)上北郡北部3.2(横浜0.5六ヶ所1.1野辺地1.6

 ②新

八戸市

51万人=三沢4.3十和田6.3八戸24.3上北郡南部7.5(東北1.1天間林0.9上北1 七戸1.1六戸1下田0.9百石0.9十和田湖0.6)三戸郡8.6(五戸1.8倉石0.3新郷0.3田子0.7三戸1.3南部0.6名川0.9南郷0.6福地0.6階上1.5

 ③新

弘前市

50.5万人=弘前17.7五所川原4.9黒石3.9北津軽郡6.3(小泊0.4市浦0.3中里1.1金木1.2鶴田1.6板柳1.7)西津軽郡6.6(車力0.6稲垣0.5木造20.5森田0.5鰺ヶ沢1.4深浦0.8岩崎0.3)中津軽郡1.7(西目屋0.2相馬0.3岩木1.2)南津軽郡9.4(浪岡2藤崎1常盤0.6田舎館0.9尾上1平賀2.3大鰐1.3碇ヶ関0.3

岩手県

 ・二戸を三陸海岸に編入すれば40万人以上。

 ①新

盛岡市

54万人=盛岡都南28.9二戸2.6二戸郡2.2(一戸1.6浄法寺0.6)岩手郡14.4(滝沢5.2安代0.6葛巻0.9岩手1.7西根1.9松尾0.7雫石2玉山1.4)紫波郡5.9(紫波3.3矢巾2.6

 ②新

北上市

50.6万人=稗貫郡2.4(石鳥谷1.7大迫0.7)花巻7.3北上9.3和賀郡1.9(湯田0.4沢内0.4東和1.1)江刺3.4水沢6胆沢郡5.5(金ヶ崎1.6胆沢1.8前沢1.6衣川0.5)一関6.3西磐井郡2.5(平泉0.9花泉1.6)東磐井郡6(東山0.8大東1.8千厩1.3藤沢1川崎0.5室根0.6

 ③三陸海岸市36.9万人(重厚長大産業振興特別地区)=久慈3.7九戸郡西部1.9(軽米1.2九戸0.7)九戸郡東部3(種市1.5大野0.7山形0.3野田0.5

宮古5.5下閉伊郡5.5(普代0.4田野畑0.4岩泉1.3田老0.5川井0.4新里0.4山田2.1)釜石4.6上閉伊郡東部(大槌1.7)上閉伊郡西部(宮守0.5)遠野2.7大船渡三陸4.5陸前高田2.6気仙郡(住田0.7

秋田県

①新

秋田市

43.8万人=秋田31.9男鹿3南秋田郡7(大潟0.3若美0.7八郎潟0.7五城目1.2井川0.6飯田川0.5昭和0.9天王2.1)河辺郡1.9(雄和0.8河辺1.1

②本荘

横手市

45.6万人=本荘4.6由利郡7.4(岩城0.6大内1西目0.6仁賀保1.2金浦0.5象潟1.3由利0.6東由利0.4矢島0.6鳥海0.6

大曲3.9仙北郡11.2(協和0.9西仙北1神岡0.6南外0.4西木0.6田沢湖1.3角館1.4中仙1.1仙北0.8仙南0.8太田0.8千畑0.8六郷0.7)横手4.1平鹿郡6.5(大雄0.5大森0.8雄物川1.1平鹿1.4十文字1.4増田0.9山内0.4)湯沢3.5雄勝郡4.4(羽後1.9雄勝0.9稲川1皆瀬0.3東成瀬0.3

米代市28.4万人(北部農業振興特別地区)=鹿角3.9鹿角郡小坂0.7大館6.7北秋田郡6.4(田代0.8鷹巣2.1合川0.8森吉0.8上小阿仁0.3阿仁0.4比内1.2)能代5.3山本郡5.4(山本0.8八森0.4峰浜0.5藤里0.4二ツ井1.2八竜0.7山本0.8琴丘0.6

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年8月22日 (火)

3. 実施案・・・・・・北海道ブロック:政令市9中核市3

※4、5年前に作ったものだから、市町村合併が進み、少し現実にそぐわなくなってきたかも・・。 3. 実施案北海道ブロック:政令市9中核市3 ※手稲を小樽に編入すれば、全て30万人以上になる ①新函館市52.1万人=函館28.8松前郡1.9(松前1.2福島0.7)上磯郡5.1(上磯3.7木古内0.8知内0.6)亀田郡5.1(七飯2.9大野1.1恵山0.5戸井0.4椴法華0.2)茅部郡3.3(南茅部0.8鹿部0.5砂原0.5森1.5)山越郡2.5(八雲1.7長万部0.8)檜山郡2.2(江差1.0上ノ国0.7厚沢部0.5)爾志郡0.9(乙部0.5熊石0.4)久遠郡大成0.3奥尻郡奥尻0.4瀬棚郡1.6(瀬棚0.3北檜山0.6今金0.7) ②新小樽市26万人(観光リゾート振興特別地区)=小樽15余市郡2.8(余市2.3仁木0.4赤井川0.1)古平郡古平0.5積丹郡積丹0.3古宇郡0.3(神恵内0.1泊0.2)岩内郡2.3(岩内1.6共和0.7)磯谷郡蘭越0.6寿都郡0.8(寿都0.4黒松内0.4)島牧郡島牧0.2虻田郡北部3.2(倶知安1.6京極0.3喜茂別0.3留寿都0.2真狩0.3ニセコ0.5) ③胆振日高市51.9万人=伊達3.4室蘭10.4登別5.4苫小牧17.2虻田郡南部1.7(虻田1.0豊浦0.5洞爺0.2)有珠郡0.6(大滝0.2壮瞥0.4)白老郡白老町2.2勇払郡2.6(追分0.4早来0.5厚真0.5鵡川0.8穂別0.4)沙流郡2.2(日高0.2平取0.7門別1.3)新冠郡新冠0.6静内郡静内2.2三石郡三石0.5浦河郡浦河1.6様似郡様似0.7幌泉郡えりも0.6 ④千歳豊平市54.7万人=千歳9恵庭6.5北広島5.8豊平区20.5厚別区12.9 ⑤札幌市45.2万人=清田区11.1南区15.6中央区18.5 ⑥新石狩市66.2万人=手稲区13.7西区20.1北区26.3石狩市5.6厚田郡厚田0.3浜益郡浜益0.2 ⑦札幌東市59.6万人=東区25白石区19.9江別12.2石狩郡2.5(当別2.1新篠津0.4) ⑧空知市50.1万人=夕張郡3.5(長沼1.3由仁0.7栗山1.5)夕張市1.5空知郡2.9(南幌1栗沢0.7北0.4奈井江0.8)岩見沢8.5三笠1.4美唄3.1空知郡(上砂川0.5)砂川2.1滝川4.7赤平1.6歌志内0.6芦別2.1樺戸郡1.6(月形0.5浦臼0.3新十津川0.8)雨竜郡南部(雨竜0.3)深川2.7雨竜郡北部1.6(北竜0.3妹背牛0.4秩父別0.3沼田0.4幌加内0.2)富良野市2.6空知郡2.1(上富良野1.2中富良野0.6南富良野0.3)勇払郡占冠0.2  留萌2.8増毛郡増毛0.6留萌郡小平0.4苫前郡1.6(苫前0.4羽幌1.0初山別0.2)天塩郡1.1(天塩0.4遠別0.4幌延0.3) ⑨新旭川市49.6万人=旭川36上川郡北部7.7(美瑛1.2東神楽0.8東川0.7当麻0.8上川0.6比布0.5愛別0.4朝日0.2下川0.4風連0.5鷹栖0.7和寒0.5剣淵0.4)士別2.3名寄2.7中川郡0.9(美深0.6中川0.2音威子府0.1) ⑩新帯広市36.4万人(北部農業振興特別地区)=帯広17.5上川郡1.9(新得0.8清水1.1)河東郡6(鹿追0.6上士幌0.6士幌0.7音更4.1)河西郡2.5(芽室1.8中札内0.4更別0.3)中川郡4.8(幕別2.5豊頃0.4池田0.9本別1)広尾郡1.6(広尾0.7虫類0.2大樹0.7)足寄郡1.3(足寄0.9陸別0.4)十勝郡浦幌0.8 ⑪新釧路市36.7万人(漁業振興特別地区)=釧路市19.2釧路郡釧路2.3白糠郡1.5(音別0.3白糠1.2)阿寒郡0.8(阿寒0.6鶴居0.2)厚岸郡2.1(厚岸1.3浜中0.8)川上郡1.9(標茶1弟子屈0.9)根室3.4野付郡別海1.7標津郡3.1(中標津2.4標津0.7)目梨郡羅臼0.7 ⑫オホーツク市41.9万人=北見11.2網走4.3紋別2.9網走郡4.1(津別0.8美幌2.4女満別0.6東藻琴0.3)斜里郡2.5(斜里1.4清里0.5小清水0.6)常呂郡3.7(訓子府0.7置戸0.4留辺蘂0.9佐呂間0.7端野0.5常呂0.5)紋別郡5.1(湧別0.5上湧別0.6遠軽1.8生田原0.3丸瀬布0.2白滝0.1滝上0.4西興部0.1興部0.5雄武0.6)稚内4.3天塩郡豊富0.5宗谷郡猿払0.3枝幸郡1.8(枝幸0.8浜頓別0.5中頓別0.3歌登0.2)礼文郡礼文0.4利尻郡0.8(利尻0.4利尻富士0.4)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月16日 (水)

10個の特区の続き3

⑦高度医療福祉厚生特別地区 

 目的=税率を高くする代わりに、高度医療・高福祉を実現し、税金が高くても住民サービスの高い都市は望まれるのかを実験する都市

 内容=

⑧IT産業振興特別地区

目的=

内容=IT産業に関わる事業に対し優遇税制、官による光ファイバー網の構築及び開放、

⑨防災推進特別地区

目的=地震、火事、津波などの天災を最小限に防ぐ為のノウハウ得る為の推進地区

内容=

候補=豊川

⑩観光リゾート振興特別地区

 候補=新小樽市

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月10日 (木)

10の特区を作りたい。

④リサイクル循環型未来都市推進特別地区

目的=リサイクル循環型の都市が求められる今、見本となるべく率先して推進する。

内容=リサイクル・リユース推進企業への優遇税制、地域内企業への環境ISO取得推進及び優遇税制、廃棄物に関わる規制を緩和しリサイクルの推進、リサイクル研究所の設置、

候補=

⑤新エネルギー推進特別地区

目的=原子力や火力では無く、風力や水力や潮力など地球に優しいエネルギー技術の確立を目指す。また自動車においても水素燃料やハイブリット車など官民一体で新エネルギーの推進を行う

内容=新エネルギーに関わる事業者に対する法人税や不動産・設備投資の優遇税制、新エネルギー利用者に対する不動産・設備投資の優遇税制、水素や天然ガスなどの新エネルギー型ガソリンスタンド事業者及び利用者への優遇税制、廃棄物の規制を緩和しリサイクル・リユースの推進、NEDO施設の移転。

  候補=

⑥国際交流振興特別地区

目的=外国企業や技術者の誘致勧誘を目指し、先端技術の確立を計る。また外国人にも住みやすい街造りを行い、国際交流を自然と行えるような街を目指す。

内容=外国人のビザ無し訪問もしくは専用の簡易ビザ導入、外国人技術者や近親者の永住権、海外送金の優遇税制、永住外国人への所得税減税、外国通貨対応の街作り、外国企業が拠点を設置した場合の優遇税制

 候補=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

2.中核市と特別区

2.中核市と特別区

中核市は人口が少なく、産業が未発達の場所もあるので、単独の運営が困難である場合が考えられる。そこで、人口増加や産業育成を狙い、将来的には速やかに人口40万人を突破できる様に特別区制度を導入する。名づけて政令指定10特区(テントック)

 例

①漁業振興特別地区

目的=漁業の停滞が叫ばれる中、漁業の振興はもとより若い人達への技術の引継ぎも狙う

内容=漁業振興に関わる事業に対し優遇税制、漁業施設設備・漁船に関わる不動産や動産の取得維持に対し優遇税制、漁業法人の法制化、脱サラ・若者向けの漁業学校の設立等。

  候補=新

釧路市

 ②北部農業振興特別地区

目的=寒い地域での効率的な農業技術の確立と、冷害に負けない技術の開発を目指す

内容=寒い地域での農業振興に関わる事業や農地の取得に対し優遇税制、農業生産法人の要件緩和、土地所有規制の弾力化、脱サラ・若者向けの農業学校の設立等。

  候補=新

帯広市

、米代市

③重厚長大産業振興特別地区

目的=鉄鋼・造船など広い土地に大きな設備を必要とする事業の振興を行う

内容=素材型の重厚長大産業に関わる事業の不動産取得や設備投資に対し優遇税制、土地利用規制の緩和、輸出産業に対しては原材料の輸入関税の減免

候補=三陸海岸市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »