2006年5月30日 (火)

道州制と連邦制の違いは?


道州制と連邦制の違いとは?
今回は、道州制のブログを始めるに当って、
1つ注意したいことがあります。
それは道州制と連邦制をゴッチャにしないで頂きたいということです。
素人さんは、道州制と連邦制をゴッチャにしてしまいますが、
それらは全く概念自体が違うものです。

つまり道州制というのを簡単に説明すると、
道州制とは、中央政府が行政を効率化するために、
市町村や都道府県を合併して、規模をもって効率的な運営を目指すものです。
中央集権を強化するための制度です。

次に連邦制というのを簡単に説明すると、
連邦制とは、中央政府が主体ではなく、あくまでも主体は地域です。
地域政府や地方自治体に権限を移譲するために、
市町村や都道府県を合併し、財源や体質を強化し、権限を移譲するものです。
つまり概念が全く違い、異なる事象から生まれた言葉です。

規模の拡大による、行政の効率化なのか?
権限の移譲による、地域の活性化なのか?
似ているようで、全く違う概念となります。

両方は重なる部分もありますが、異なる概念から出てきた言葉ですのでご注意ください!

| | コメント (2) | トラックバック (2)